自転車保険に加入する目的を考えて補償内容を決める

自転車歩きても安心サポート~自転車歩険でリスク回避~

どのような場所で自転車事故が起こるのか

自転車事故は場所を選びません。遊び場や死角がある交差点、見通しが良い道路でも運転する側に注意力がかけていれば事故のリスクが何倍にも跳ね上がります。加害者にもなりうる事案ですので、「どんな場所でも自転車事故は起こる」ととらえましょう。

自転車保険に加入する目的を考えて補償内容を決める

自転車

自転車の運転時に発生するリスクの数々

自転車の運転時には様々なリスクがあります。第三者の所有物を壊すと言った物損事故、人身事故や自動車事故、転倒などで起こる自損事故など、たかが自転車と言えど、車並みの事故リスクがあることを覚えておきましょう。海外製の自転車やスポーツバイクなど性能が高い自転車も増え、事故のリスクは年を追うごとに高まっています。

事故のリスクを防げる自転車保険の魅力

自転車保険は、自転車を乗る方を守ってくれる魅力があります。もちろん事故のリスクを減らす物ではなく、万一の事故に対し手厚い補償が得られるものです。この点はきちんと覚えておきましょう。自転車による事故はもちろんのこと、被保険者が第三者の物を壊した時でも補償できる特約や遠出の自転車トラブルにも対応できるロードサービスも存在しているのは魅力と言えます。

自転車保険の相場をチェック!

自転車保険は、自動車の事故のリスクよりも低く、破損・怪我の度合いも比較的低い事が挙げられます。その代わり、事故件数が多い事が明らかになっています。自動車保険の相場は千円未満というところが多く、わずかな月掛金で大きな保障を得られます。複数の自転車保険の補償内容と保険料を比較して相場に見合った保険を選びましょう。

何を目的として保険を選ぶのかを考えよう

自転車保険は、乗る対象によって補償内容を選ぶことをおすすめすします。判断力に掛ける子供に掛けるのか、スポーツバイクを運転する大人に掛けるのか目的を明らかにすることが大切です。